業務内容

大工

ビル建築には、大小に関わらずその大半に「鉄筋コンクリート工法」または「鉄骨コンクリート工法」が用いられています。この工法は、杭の上に鉄筋を組み、これを型枠で囲って柱などの形を作り、その中にコンクリートを流し込み固める工法で、この型枠を作り組み立てるのが型枠大工(型枠工)です。型枠大工の行う仕事の種類は、ビル建築にとどまらず、土木工事でも新幹線、橋、トンネル、地下鉄などコンクリートを使う工事はすべて対象となり、現在ますますこの職業の需要が増大しています。当初は木造大工がこの仕事を行っていたため、現在でも型枠大工と木造大工を兼ねている人がいます。
躯体工事費の40%~45%、全工事の12%~15%を占める重要な工事です。
イメージ的には、寺院等を建てるのが宮大工さん一般の木造住宅を建てるのが木造大工さん コンクリート製のビルやマンション、居宅等を建てるの が型枠大工さんだと理解して頂ければよろしいかと思います。
ちなみに、マンションの内部の建具などを造るのは造作大工さんです。

※写真をクリックすると、拡大写真が見られます。

PAGE TOP